福祉業界には様々な仕事がある

8月 1, 2017 · Posted in · 福祉業界には様々な仕事がある はコメントを受け付けていません。 

福祉の仕事というと、長時間にわたり体力を使うという事イメージがあり敬遠されることがある。実際に体力面や労働可能な時間を考えると、この世界へ足を踏み入れられなかったという方も多い。しかし、直接介護ケアをするというだけではなく、様々なアプローチで対象者の生活を支えるのが福祉というカテゴリーであり、そこでの働き方は多岐にわたるのだ。

当然職種も多くなるため、働き方の選択肢は実は多いものとなっている。まず直接ケアをするスタッフについて注目すると、現場で利用者をケアするスタッフと、管理業務を兼ねているスタッフとがおり、働き方や役割は大きく変わってくる。そのため、将来管理的立場に就きたいのか、それともケアスタッフとして常に利用者に寄り添っていきたいのかという事について考えていく必要があるだろう。

管理業務に就きたいのであれば、専門性を高めるために介護福祉士やケアマネージャーという形でステップアップしていけるように資格取得の準備をしていかなければならない。また、施設介護であれば生活を支える様々なことが仕事になりうるので、入浴や食事の介助、衛生管理の知識も必要になってくるのだ。特に介護保険が関連する場合は高度な知識が必要となるため、介護保険に関する知識を持っておいた方が望ましい。

このように、福祉関係の仕事には様々なものがあり、それに応じて適性や求められるスキルも変わってくる。そのため、どのような仕事が自分に合うのかを検討し、挑戦することが福祉業界で活躍する秘訣なのだ。