様々な職種のある福祉の仕事について

7月 30, 2017 · Posted in · 様々な職種のある福祉の仕事について はコメントを受け付けていません。 

 介護や福祉には、様々な職種がある。先ず施設の介護職員についてだが、基本的には高齢者の身の回りのお世話を行う場合が多い。利用者がその人らしい生活を送れるようにサポートをするのだ。

 利用者が日中だけ来所するデイサービスや、日帰りも在宅も出来る小規模多機能型居宅介護などがある。仕事内容としては食事や口腔ケア、服薬、排泄の介助がある。また、皆でレクリエーションをしたり、書道などの趣味活動をしたりして、頭や身体を使ったレクリエーションも行っている施設が多い。

 また、訪問介護ヘルパーという仕事もある。障害を持つ方や高齢者に対して、日常生活で困難な部分をサポートするのだ。直接利用者の自宅に訪問して、家事や買い物などの支援を行ったり、トイレ介助や入浴介助、更衣の手伝いといったサービスを提供する。また、調理をするのが困難な方に対しては、食事の準備をしたり、洗濯、掃除、買い物などのサポートを行うこともある。外出する際は事前に何処へ何を目的にどうやって行くのかというケアプランを立てた上で、それをもとにして外出するのだ。

 そして最後に訪問看護師について紹介する。訪問看護は、医師の指示に基づき、医療処置やバイタルチェック、嚥下機能訓練、認知症ケアなどを看護師が行うのだ。在宅療養中の利用者の闘病生活をサポートするのが業務だ。この場合は、看護師の資格が必要になる。一言で福祉といっても、それぞれが提供しているサービスは様々であり、働く条件や求められる人材もことなる。そのため、福祉業界に関心のある方は、それぞれの特徴を見極め、自分に合った仕事に挑戦することをおすすめする。